2007年09月23日

トイレと付き合おう

このたび屁の特集をしましたが、原点に立ち返りトイレとの付き合い方について再び。

トイレが詰まったらどうなるか、いかにトイレを詰めないか、このテーマと屁には実は関係があるのです。

参考資料:便秘による排便障害における、痔の悪化と紙消費の増大によるトイレ詰まり誘発
benpi.jpg

臭い屁、我慢しなければならない屁、といった屁を、悪い屁と仮に定義します。

その悪い屁とおさらばするために気を付ける事は、やはりトイレを詰めたり、トイレ関係で困る事を減らす効果があります。


オナラと生活リズムは、密接な関係にあります。

食生活は勿論、規則正しい生活をしているかどうかで、内臓の働きに差が出ますから当然ですね。


睡眠時間をしっかり取ったり、暴飲暴食をせず、野菜をしっかりと食べて、適度な運動をしていれば、良くなります。


また、朝など特定の時間に排便する習慣をつけましょう。

習慣づけることで、例えば朝食を食べたら排便をしたくなる、と脳や体の反応が身に付いていきます。


これらは自分の努力である程度コントロール出来ます。

ただブラック企業などのため、どうしても自分の努力だけじゃ無理…という方もいると思います。

しかし違法行為に我慢せず、労基署へ通報する勇気一つで改善も不可能ではありません。


さて、健康的な習慣を可能な限り行う事で、排便リズムが作られ、良いウンコが出るようになります。

さっとウンコを出して、さっと尻を拭いて一日が快適。

つまり尻を拭く時にねばっこいウンコがいつまでも…といった事が減り、紙の消費量が減り、トイレが詰まらなくなります。


逆に健康的ではない生活の場合はどうなるか。

便秘やべっとりしたウンコ…長時間に及ぶ排便や、何度もゴシゴシと尻を拭く行為が何に行き着くか、賢明な読者ならば既に答えはわかっている事でしょう。

そう、痔です。


次のテーマが見えてきましたね。

次に特集するのは痔です。

今回は前回のVIPPERのノリから、丁寧語がちゃんと使えるように進化したトイレを詰める者ですが、次回は更にパワーアップしたトイレを詰める者による、痔編を世に送り出す事が出来ると思いますのでお楽しみに。
posted by トイレを詰める者 at 12:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 屁(オナラ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/113034459
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。