2007年09月23日

屁とストレス、過敏性腸症候群

主として大腸の運動および分泌機能の異常で起こる病気の総称です。
(過敏性腸症候群:Irritable Bowel Syndrome:通称 IBS)

大腸でも小腸でも発生します。

検査を行っても炎症や潰瘍など目に見える異常が認められないが、下痢や便秘、ガス過多による下腹部の張りなどの症状が起こる。

症状



下記の4通りのタイプに別れる。症状は主に便通の異常である。

不安定型


腹痛および腹部の違和感、下痢と便秘が複数日間隔で交互に現れる(交代性便通異常)。

慢性下痢型


少しでもストレスや不安を感じると下痢を引き起こす。神経性下痢などとも呼ばれる。

分泌型


強い腹痛の後、大量の粘液が排泄される。

ガス型

 
過剰なストレスによっておなかにガスがたまる症状。屁こきまくり。

※ 機能性消化管障害に関する診断と治療の世界標準であるローマ基準Uによると、ガス型は過敏性腸症候群ではなく機能性腹部膨満症に分類される。

原因


主に神経的な原因と精神的な原因とがある。

腸の運動を司る自律神経に異常があるケース。

精神的不安や過度の緊張などを原因とするストレスなどが引き金となるケースがある。

例えばもともと神経質な性格であったり自律神経系が不安定であったりする人が、暴飲暴食やアルコールの多量摂取などを行ったり、過労や体の冷えなどの状態に置かれた場合に症状が発生する場合がある。

また、最初は身体的理由(暴飲暴食など)が原因で下痢をしたものが、それにより人前で恥をかくという経験を幾度か重ねるうち、学習効果により人前で下痢をすること自体に恐怖心を持ってしまい、長時間トイレのない場所や人目に触れずにトイレに入れないような場所にゆくと不安障害の一種として下痢をするようになることもある。

これはちょうど、乗り物酔いしやすい人というのは、乗り物酔いを何度か経験するうちに「また乗り物酔いするのではないか」という予期不安によって、乗り物に乗る前から、意識がそれに集中してしまい、酔いやすい状態(あるいは酔った状態)になるという、いわゆる「酔うと思うから酔う」現象に似ている。

パニック障害などとほぼ同じ原理といえる。

もし、身のまわりにこのような人がいたら、「なぜ我慢できないの」と思うのではなく、この病気についてよく理解し、相手を傷つけない行為をする事が大切である。

治療


この症状は精神的なストレス、生活の乱れによって引き起こされることが多いため、症状を改善するにはこれらの要因を解消することが基本となる。

ストレスが原因となっている場合 、まず精神的に不安定な状態を解消し、ストレスの原因となっているものをはっきりさせて、これを取り除く。

生活の乱れが原因となっている場合 、暴飲暴食、喫煙、アルコールの多量摂取を避け、食生活の改善および生活習慣の改善を行う。

また改善した生活習慣を維持できるよう、自分自身によって自らの生活を管理することが肝要となる。

神経や精神に関わる病気は、自称健常者どもには理解されない傾向があり、気にする人にとってはこの無神経によって治療が困難になるケースもある。

なので、なんとか周囲の地球の重力に魂を引かれた俗物に今すぐ叡知を与えてみせるか、自称健常者どもに「それはエゴだよ!」と言えるくらい気が強くならなければならないが大変難しい。


しかし、現代社会でストレスを感じずに生きることは不可能なので、軽減したり発散することを考えましょう。


やはり打ち込める趣味を持つことが最も良いです。

運動や読書、友達と遊ぶなど、余暇には自分が発散したりリラックス出来ることをしましょう。

また旅行も自然とふれあう場所でウォーキングするのも良いでしょう。

また、単純に休むことも重要です。


これらはトータルで健康的な生活を生み出し、また知的な活動も行えるので、余暇は有効活用しましょう。


ただし、風俗やパチンコパチスロにはまるのはやめましょう。

全く健康とも知性とも関係の無い行為です。


風俗では大金が失われ、性病のリスクが高まり、いれば家族にも迷惑をかけます。


パチ屋の売上が北朝鮮に流れるのは常識ですが、それを知らないDQNがパチンコにつぎ込みながら、ニュースを見て「北朝鮮むかつく」などと言うのは何が何やらわかりません。

またずっと座りっぱなし、タバコで汚染された空気、というのは言うまでもなく体に悪く、オナラに限らず各種万病の元です。

基本的にトータルで店側が勝つ設定なので、勝率10%程度の事に賭けて、金を失ってストレスをためるのは無駄なので、他のことをしましょう。
posted by トイレを詰める者 at 11:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 屁(オナラ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/113033933
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。