2007年09月23日

屁の成分

以下が屁の主成分。
・体外から取り込まれたもの

窒素
体外から取り込まれたもの

酸素
体外から取り込まれたもの

二酸化炭素
体内の好気呼吸微生物により生産、体外からも取り込まれる


・腸内より生産されたもの

メタン
体内の嫌気呼吸微生物により生産

なお、3人の内2人くらいはメタンを含まない屁をする事がわかっている。

屁のメタンは主に肛門の近くにいるバクテリアの仕業である。

二酸化炭素
体内の好気呼吸微生物により生産、体外からも取り込まれる

水素
微生物により排出、消化される。微量だが臭いの元となる成分。

酪酸
特有の臭気を有する。バターやチーズにも含まれる。植食性動物の体内では重要なエネルギー源となっている。

なお、体臭の成分の一つでもあり、イヌなどでは10ppb、人間は10ppmまで嗅ぎ分けることができる。

硫化水素
いわゆる腐った卵のにおいがある。タンパク質の分解によって造られる。

水によく溶け弱い酸性を示す。お風呂で屁を洗面器に閉じこめた場合に、臭いが薄くなるのはこの成分が風呂のお湯に溶けるからである。

腐った卵に似た特徴的な強い刺激臭(腐卵臭とはそもそも硫化水素を主成分とする臭いである)がある。

目、皮膚、粘膜を刺激する。

便に含まれる。

有毒な気体であり、人力で発生させる場合と違って、企業が発生させた場合は悪臭防止法に基づく特定悪臭物質のひとつであるため、規制対象となる。

濃度1,000〜2,000ppmで食らったら即死する。

二酸化硫黄
タンパク質の分解によって造られる。

刺激臭を有する気体。大量に排出される硫黄酸化物の一種であり、環境破壊の一因となっている。

二硫化炭素
タンパク質の分解によって造られる。

純度が高いものは芳香を持つ無色の液体だが、保存中に分解しやすく黄色を呈し、悪臭を持つようになる。

揮発性が高く、非常に引火しやすい(引火点-30度)ため、危険物第4類特殊引火物に指定されている。

マンガみたいに屁を燃やすためには、この成分が多くなければ燃えない。

アンモニア
生物は、タンパク質など代謝の結果で不要となった窒素を貯蔵、排泄しなければならない。

魚類は単純なアンモニアのかたちでそのまま排泄されるが、哺乳類や両生類では尿素、爬虫類や鳥類では尿酸に変換された上で貯蔵、排泄される。

無色の気体で、特有の強い刺激臭を持つ。

水に良く溶けるため、お風呂で屁を洗面器に閉じこめた場合に、臭いが薄くなるのはこの成分が風呂のお湯に溶けるからである。

名称の由来は、エジプトのアモン神殿の近くからアンモニウム塩が産出した事による。ラテン語の sol ammoniacum(アモンの塩)を語源とする。アモンの塩が意味する化合物は食塩と尿から合成されていた塩化アンモニウムである。アンモニアを初めて合成したのはジョゼフ・プリーストリー(1774年)である。

リン化水素
魚臭いにおいがする。リン酸塩や食物中のリンと関係がある。

半導体製造のドーピングガスの原料であり、ケイ素をn形にする場合や、InGaP(インジウムガリウムリン)などといった半導体を製造するときにも用いる。

インドール
インドールは室温では固体だが、大便臭を発散する。大便インドールが含まれる。

ところが非常に低濃度の場合は花のような香りがあり、オレンジやジャスミンなど多くの花の香りの成分でもあって、香水に使われる天然ジャスミン油は約2.5%のインドールを含む。

現在では合成インドールが香水や香料に使われている。またコールタールにも含まれる。

インドールの名は植物由来の染料であるインディゴ(酸化されたインドール分子2個が連結した構造をもつ)に由来する。

スカトール

毒性のある白色結晶。ギリシア語で糞を意味するskatoから名前がついた。

天然には、哺乳類の糞(消化管内でトリプトファンから合成される)、ビート、コールタール等から単離され、強い糞臭を持つ。

低濃度では花の香りを呈し、実際にオレンジ、ジャスミンやある種のトロピカルフルーツの花の香気成分に含まれている。

またこの物質は、多くの香水の香料や定着剤として使われている。

1994年の5つのタバコメーカーの発表によると、スカトールは香料としてタバコに添加され、599種類に及ぶタバコへの添加物の一つとなっている。

posted by トイレを詰める者 at 03:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 屁(オナラ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。