2005年12月24日

排水業者がやってきた

トイレの詰まりをなおしに業者がやってきた。出で立ちは作業着に、二つの器具を携えてやってきた。見た目は老人+やーさんを3で割ったような奴。たばこ臭い。

排水業者が持ってた器具。
unko1.jpg
図1 謎の器具

unko2.jpg
図2 バズーカみたいな器具

絵心が無くてすまそ。

なんか気のせいか、その黒いボディーには、ウンカスみたいな茶色いつぶつぶがついてるんですけど。それ洗ってますか?って聞く前に床に置かれた。本当に大丈夫なのかこいつは。

まずは1つ目の器具を、便器に突っ込む。金属製の長いひもがついていて、便器の穴に突っ込んで中で詰まってるものをかき出したりするらしい。説明無しで作業を進めてるが、実物を見たらわかる感じ。構造としては図1の右の状態で突っ込んで固定して、上の自転車の空気入れみたいな奴を押し込んで、金属のひもを便器の奥に通す。めっちゃ乱暴に掻き出してるから、うんこ汁が飛ぶ。おいおい。

しかし一向にうんこ汁が引かない。図2のバズーカみたいな器具が登場。(さっきまで床に置かれてた奴だ)さっそく便器につっこみ、右側の部分を押したり引いたりする。これは普通のラバーカップの何倍も空気圧をコントロール出来る器具だ。それを使うと1分ほどで直った。すげー。

つーか見てると図1も2も、ウンカスつきまくり。飛び散らせまくり。そして器具は、ちゃんと直ったのを確認して便器で流して洗うだけ。おいおい、それ汚いというか、殺菌効果ゼロじゃwwっwww

30分も経ってないが、これだけで15,000円か。払ったけど、その後自分で掃除。ユニットバスだからまだやりやすいけど。廊下とか、薄めたうんこ汁をぽたぽた垂らされたり最悪だった。

あとからバズーカみたいな器具をネットで調べたら「真空式パイプクリーナー」というらしく、たったの2000円くらいで売ってる。

物凄いやるせなさや、怒りや、義憤やらが沸いてきた。
posted by トイレを詰める者 at 10:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 業者への注意点 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/10989729

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。